女性が主役の海外ドラマ特集

f:id:hitomicom:20170629150729j:plain

こんにちは、ちゃんです。仕事を辞めてから時間が出来たので、海外ドラマにドハマりました。TSUTAYAで物色して思ったんだけど、やっぱり男性主役のドラマが多いなーって。私は、女性主役のドラマが良かったので、TSUTAYAに入り浸って厳選した結果のおススメ4選を紹介します!

 

  

BONES(ボーンズ)-骨は語る-

          f:id:hitomicom:20170629152117j:plain

            出典:https://image-sc.sakuhindb.com/ani_imgj/7_BONES_60drama.html

▽あらすじ▽

 

BONES』(ボーンズ)は、アメリカ合衆国の1話完結型の事件ドラマ。「ボーンズ」と呼ばれる法人類学者の女性「テンペランス・ブレナン」を主人公に、現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決に導いてく姿を描く。原案は法人類学者で作家のキャシー・ライクス(英語版)。主人公のモデルでもある。

 

▽ユーチュブ予告▽


「BONES ―骨は語る― シーズン2」シーズン2 特別予告編

 

▽登場人物▽

テンペランス・ブレナン 

世界有数の法人学者であり、ベストセラー作家

f:id:hitomicom:20170629152905j:plain

ワシントンD.C.にある、合衆国最高峰の法医学研究所・ジェファソニアン研究所勤務。FBI捜査官のブースとコンビを組んで犯罪捜査にあたり、難事件を解決していく。骨を見ただけで、年齢・性別・人種や病歴、生前に興じたスポーツや生前の持ち物まで判別できる。 非常に明晰な頭脳と極端に科学者的な思考回路を持ち、論理で説明がつかない事をとことん嫌う。

画像引用:http://video.foxjapan.com/tv/bones/s10/

 

エミリー・デシャネル - Wikipedia

 

              ちゃんのコメント

 

海外ドラマにハマるきっかけになったドラマ!

TSUTAYAで、いろいろ物色してた時に、ある列が全部BONESで埋まっててビックリしたなー。その時で、シーズン10まで出てて、「こんなに続いてるドラマなら、絶対に面白いはず!」って思って借りたのがきかっけ。

実際、シーズン1は画質といい役者の服装といい、「古っ!」って感じだけど、事件の内容の濃さや、登場人物達の個性は抜群に光ってて見てて飽きなかった。

面白過ぎて、何日夜更かししてBONESを見たか....(笑)

1シーズンみると満足しちゃう海外ドラマが多いんだけど、「ええええええー!!」みたいな展開でシーズンが終わるから、次のシーズンを借りないと気持ちが収まんなくなっちゃうドラマ。

事件は1話完結型なんだけど、内容も本当に凝ってるものばっかり。

 

シーズン2「骨のない死体」

「ブースは、河で発見された骨のない遺体をテンペランスに捜査を依頼する。捜査を進めていくなか、取り出された骨は”瞑婚”という中国の古い習慣に使用される可能性が出てくる。

シーズン4「溶ける骨」

カップルが結婚式でバンジージャンプをした際に、谷底に横たわる遺体を発見する。その遺体は、黄色い泡を出しながら溶けていく。

シーズン5「心の血を流した少年」

発電所でフェンスに縛られた遺体が発見される。しかし、その遺体は3000年以上前のミイラだった。

 

大体のストリーの冒頭は、遺体を誰かが発見するところから始まるんだけど、「なんでそんな場所に!!!」「なんでそんな状態でッ!!」って感じで始まって。

その答えを知りたくなるものばっかり。

ジェファソニアン研究所の人達は、みんな個性的でクスッと笑える冗談も多くて、ドラマ自体の事件は本当に悲惨だけど、ドラマ自体は暗くなくテンポよくみることができる。

ブレナンやジェファソニアンの人達の恋愛模様も必見!!

注意としては、本当に遺体がリアルなので食事中に観ると、本当に食事が進まなくなる。(笑)

 

 

 

 

 

私は、ラブリー・ガル

         f:id:hitomicom:20170629225043j:plain

             出典:http://dramanavi.net/column/2012/10/drop-dead-diva.php

 

▽あらすじ▽

「もしもトップモデルを目指す明るいが少しおバカな美人の魂が、頭が良く性格もいいが地味でビックな弁護士の体に入ってしまたらー!」ある日、交通事故死した美女デビーの魂が、同じ瞬間に心肺停止状態になった大柄だが頭脳明晰で心優しいジェーンの肉体に‥」。二人の記憶を持つジェーンの恋の行方や法廷での活躍を描く、ハートウォーミング・コメディ 。

 

YouTube予告▽


[Trailer] 私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva

 

▽登場人物▽

ジェーン・ビンガム  

デビー・ジェーン、2人分の記憶を持ち、頭脳明晰で優秀な弁護士

f:id:hitomicom:20170629230929j:plain

 

新しい体に戸惑いながらも、新たに手にした知性を武器に法廷で大活躍をしていくジェーン。恋人もできるが、同じ職場で働くグレイソンに、自分がジェーンであることを伝えたいが、それが出来ずに苦しんでいる。

 

 

出典:https://matome.naver.jp/odai/2134657236334242801

ブルック・エリオット - Wikipedia 

             ちゃんのコメント

このドラマは、超ポディティブドラマ

「あー元気もやる気も何にも起きない‥」って時に、観るのがおススメ。

デビーが、ジェーンとして綺麗になってく過程も観てて面白い。シーズン1のジェーンは、メイクも薄くて、服装もちょっと冴えない感じだけど、シーズンを追うごとに、どんどん綺麗になっていく。メイクや服装、髪型を変えていけば、同じ人でもここまで変わるのかってビックリするはず。

法廷の場面も、絶対に見逃せない。どんなにピンチになってもジェーンは諦めず、土壇場での快進撃は見ててスッキリする。やっぱり、悪人はズッバってやっつけてくれないと。(笑)

あとは、元恋人のグレイソンとの恋愛模様もウジウジしてて面白い。グレイソンとは死別で、嫌いになって別れた訳じゃないし、「私はデビーよ!」って言えばいいのに、なかなか言い出せず。そんな事してる間に、グレイソンに彼女が出来ちゃったり。

仕事も恋愛も友情も、他の人の人生でも一生懸命に生きるジェーンを見ると、不思議と元気になる。

休日、ずっとベットの上でゴロゴロしてちゃダメだなーってきっと思えるはず。笑

 

 

 

 

スキャンダル  -託された秘密-

f:id:hitomicom:20170701092646p:plain

出典:http://happybluejay.blogspot.jp/2014/05/blog-post_25.html 

 

▽あらすじ▽

かつてホワイトハウスの広報官を務め、現政権誕生に貢献した 選挙参謀でもあったオリヴィア・ポープ。 今は敏腕“フィクサー”としてスキャンダルから犯罪まで、 依頼人のあらゆる問題を解決、または隠蔽するプロフェッショナルで ワシントンDCの秘密の中心には、いつも彼女がいる。

 

YouTube予告▽


「スキャンダル シーズン1」予告編

 

 

▽登場人物▽

オリヴィア・ポープ

ホワイトハウスの広報担当で優秀なフィクサー

f:id:hitomicom:20170701095033p:plain

 現政権誕生の立役者であった、オリヴィア。今は、セレブたちの秘密を守るフィクサーとして働いている。スキャンダルの陰には、必ず彼女がいる言われる存在。そんなオリヴィアだが、自身が抱えるスキャンダルは上手に解決ができない。

 

出典:http://www.popbopshopblog.com/2013/10/stream-scandal

 ケリー・ワシントン - Wikipedia

 

フィクサーとは?▽

 フィクサー(英: fixer)は、政治・行政や企業の営利活動における意思決定の際に、正規の手続きを経ずに決定に対して影響を与える手段・人脈を持つ人物を指す。

              ちゃんのコメント

 まず、オリヴィアのファッションだけでもドラマを観る価値あり!ってくらいに、オリヴィアのファッションは本当に参考になる!

美人で、お金持ちで、妥協を許さない仕事ぶりは、本当のキャリアウーマンであり、近寄りがたい印象。でも、仲間のピンチには全てを投げ捨ててでも、どんな手を使ってでも助けにいく姿は、「こんな人が上司だったら一生付いていく!」って気分になる。

そんな、超完璧人間のオリヴィアも自分の恋愛は上手にコントロルーできなくて、何度も何度も傷つく。しかも、傷つくてくるのは、いっつも同じヤツ。

色んな人と付き合っても、結局は彼が一番‥。的なね。こーゆー感じになっちゃう人は、会わなって決めてても、電話に出ないって決めてても、会いに行っちゃう、電話に出ちゃう気持ちが、痛いくらいに共感できて、オリヴィアを応援したくなっちゃうと思う。

最初は、フィクサーとしての仕事がメインで、サブで恋愛系が絡んでて超面白いんだけど、シーズンが進むにつれてオリヴィアの恋愛ゴタゴタがメインになっちゃて‥ちょっとオリヴィアもウジウジしてる感じがもどかしく感じるかも。

 

 

 

 グット・ワイフ -探れば誰もが「何か」ある-

f:id:hitomicom:20170701104301j:plain

 出典:https://www.rankingshare.jp//rank/vyctivpocw

▽あらすじ▽

 ロースクールを首席で卒業後、州検事の夫ピーターと2人の子供に恵まれ、家庭を守ってきたアリシア。しかし、ある日夫がセックス·スキャンダル絡みの収賄罪で逮捕されたのを機に、彼女は13年ぶりに弁護士として復帰する。 一方、無実を訴えるピーターは控訴に踏み切るが、彼を陥れようとした何者かが動き始める...。

 

YouTube予告▽


『グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン1』

 

▽登場人物▽

 アリシア・フロリック

f:id:hitomicom:20170701110621j:plain検事の夫の失脚により、弁護士事務所で働きだすアリシア。弁護士の資格は持っているが、家庭に入ってしたアリシアは、新米弁護士として奮闘する。

 

 

ジュリアナ・マルグリーズ - Wikipedia

 

              ちゃんのコメント

個人的には、一番のおススメのドラマ

1話目は、「あれ?」って感じするけど、2話目からはノーストップで面白い。中だるみなんて一切なし。裁判のシーンもカッコイイけど、浮気した旦那と学生時代に好きだった男の人の間で揺れるアリシアの立場は、かなり羨ましい。

主席がロースクールを出てるアリシアだけど、家庭に入って入っていた事もあって、新米の弁護士として奮闘する。でも、いるも州検事の妻という肩書がチラチラ。実力で頑張りたいのに、肩書で贔屓されたり、嫌がらせされたり。もー大変。

それでも、母親として、妻として、女として、弁護士として、どう行動することが正しいのか悩む姿も応援したくなる。

周りを固めるキャストも個性的で、知性的で話を盛り上げてくれる。

特に好きなのが、イーライ(州検事再選のためピーターが迎えた政治コンサルタント)。アリシアの夫のピーター再選の為に、アリスアを苦しめる事もしちゃうんだけど、シーズンが進むにつれて彼の隠れたいい人部分が出てくる。ピーターだけじゃくて、アリアシアや家族の為に頑張ってくれてるのに報われないところも応援したくなる。

話が本当に作りこまれてて、ストリー構成も素晴らしい。

ぜひ、海外ドラマに迷った借りてほしいと太鼓判を押す作品です。

 

 

 

▽最後に▽

以上4選が、ちゃんが勧めする海外ドラマ4選でした。記事にするのでいろいろ調べてたら、また観返したくなっちゃいました。

海外ドラマは、一回見始めると止まらなくなっちゃうので、すこし長い休みを利用して観てみてください。もし、おススメの海外ドラマがあったらコメントで教えてください!記事が長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

f:id:hitomicom:20170704233939j:plain